~森の説明書~

入園受付で渡す地図を頼りに、自由に散策して頂く形(大人500円、18歳以下無料)で、森の中で遊んでもらう仕組みです。(宿泊しなくても入園できます)手作りのアスレチックには、すべり台やハンモック、ボルダリングやスライダー、シーソー、鉄棒、砂場などがあります。大声を出してもOKなので、お子さんのあり余った元気を、発散させる場所としてお使いください。

幼児用のプレイルームもあります。ままごとキッチンや、絵本、隠れ小屋やオムツ交換台、お絵かきセットなどがあります(現在、本館内をピザ屋に変えるべく店作りをしているので、少し散らかっていますが、ご了承下さい)

何人泊まっても13000円で、森での体験宿泊が出来る「森の山荘」は人気で、泊まられた方が次の宿泊日を予約して帰るほどです。1~2月は20㎝くらい雪が積もることもありますが、是非チェーン(スタッドレス)を履いてでも来て頂きたい季節です。ソリ遊びや雪合戦、かまくらや雪だるまは作り放題。大人も本気で遊べます。九州で一番高い山がある、くじゅう連山までは車で15分。山登りの方の宿泊場としても、ご利用下さい。

2012年から、自分で木を伐り整地をし、水道を引き、建物もすべて手作りしています。森には鹿やウサギ、キジにアナグマ(タヌキに似た動物)などがいて、さながら動物園です。野鳥も手に止まるので、カメラを持ってお越しください。

2020年からはピザ屋を始め、同じ敷地内には革製品の工房兼ショップも出来、隣の敷地の方がドッグラン&カフェをオープンする予定です。将来的には森の中にカフェが4件となり、歩いてカフェ巡りが出来る森へとなりそうです。

森の中での結婚式(スニーカーウエディング)も行われ、手作りの式場で2組の方が式を行いました。イベント会場として場所を貸し出すことも可能です。

また、自然の中で遊ぶネイチャーシェアリングクラブや、放課後クラブ、発達障害の子たちの遊び場としてもご利用頂いています(中型のバスも停められる駐車場あり)18歳まで入場無料なので、引率の大人だけの入園料だけでご利用いただけます。(先日は子供50人、引率の大人6人で来られました)

森はいつでも優しいです。疲れた身体を癒しに是非お越しください。

                                          つみきの森 足達 龍哉


~追記~

バイカーたちの整地と呼ばれる「やまなみハイウェイ」沿いにある「つみきの森」。バス停もない。電柱も見当たらない、こんな場所に人がいるのだろうか。。と思いながらか、ゆっくり入ってくる車やバイク。

森の中には30件くらいの別荘があって、その中にお蕎麦屋さんや、自家焙煎珈琲が飲める喫茶店、ビンテージスピーカーでレコードが聞けるリスニングルーム、ツリーハウスなどがあって、週末には多くの方で賑わいます。


一番近い自販機までは車で5分。スーパーまでは20分。以外に思うかも知れませんが、不便と思ったことはありません。Amazonで頼んだ商品も届きますし、ゴミ回収車も郵便局の車も来ます。光ケーブルが通ってるので、ネット環境もいいです(つみきの森本館内はFREE WiFi)

飯田高原に10分ほど車を走らせれば美味しい野菜が買えます。外食はせず、ほとんど自炊。そのおかげかどうかは分かりませんが、何年も病院のお世話になっていません。

お店も増えて、どんどん面白くなる森。これからどんな場所になるか、楽しみながら暮らしています。


~よくある質問~

「熊は出ますか?」…九州にはクマはいないので出ません。                           

「虫はいますか?」…以外に思うかも知れませんが、蚊はあまりいません。ゴキちゃんもいません。下界の公園とかの方が多いくらいです。ヘビもほとんど見かけません。カブトムシやクワガタは年々減ってきています。          

「ピザ屋のオープンはいつですか?」…2020年の秋頃のオープンを予定して、店内の内装を一人で作っています。。ので延期の可能性もあります。気長にお待ち頂けると幸いです。

「食べ物の持ち込みはOKですか?」…OKです。ピザ屋を始めたら、お断りするかもしれませんが、オープンまではOKですので、お弁当を持ってお越しください。

「冬も森にいますか?」…住んでいるので、いつもいます。雪が積もった日は、森の住人の方とスノボーしたりソリで滑って遊んでいます。

「売り出し中の物件は見学できますか?」…出来ます。鍵を預かっているので、見学されたい方は受付の際に申し出て下さい。お気軽にどうぞ。

CALENDER

Instagram

まだ記事がありません。